| Home | 全記事タイトル一覧 | 自己紹介 |

TOP2013年09月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



カテゴリ:スポンサー広告

形が先で気持ちが後でもOK♪
直したいと思っている自分の欠点(の一つ)

経験を重ねるとともに「自分のこういうところを直したいなぁ。」の、「こういうところ」が明確になってきませんか?

私にとってのその一つが、「別れ際の挨拶の仕方」です。

人と会った別れ際、その人にお世話になったことや、していただいたことに対して再度お礼を述べるよう心がけています。

私が直したいのは、このお礼を述べるときの「態度・姿勢」です。

親しい友人などに対しては恥ずかしさもあり、お礼の言葉を言いながら、同時に、体をその人と別れたのちに自分が進む方向に向けてしまいます。

目を合わせてお礼を述べているとしても、親しい友人だとしても、これは失礼にあたります。

自分では、
  1. 自分の感謝の気持ちを100%その人に向けて伝えていない
  2. お礼を言いながらも、気持ちの一部分はその人と別れた後のことを考えている
  3. 今、目の前で起きていることにキチンと向き合っていない。先を急いでいる
  4. つまり、自分の中で、目の前の人にお礼を言うことよりそのあとの事項のほうが優先順位が高いと判断している
  5. 言い換えると、お礼を言う相手のことを、気持ちの一部分で軽んじている
という表れだと考えています。


これでは、私のモットー「感謝の心で今を明るく楽しく生きよう!」の逆走そのものですよね。

未熟な私もようやくここまで認識できるようになってきました。

ですがいざ直そうと思っても、習慣になっていないと、実行するには小さな勇気が必要になってきます。


そんなある日です。



100%の感謝の気持ちを自然に表している姿を目にしています

通学中の簿記学校で、私が改善したい上記のことを自然に行っている人がいます。

クラスメートは全員、礼儀正しく、向学心のある人です。

その日の最初の授業が始まるときには起立・礼をし、先生に「よろしくお願いします。」とあいさつをします。

そして、最後の授業が終わったときも起立・礼をし、「ありがとうございました。」とあいさつをします。

その声のハリや勢いで、みんなが頑張っていることが強く伝わってきます。

そしてノートなどをカバンにしまい教室を出ていくときに再び、先生には「ありがとうございました。」生徒間では「お疲れ様です。」と、帰路につきながら声をかけて帰ります。


この、帰路につきながらがキーポイントです。

内容の濃い勉強をし、脳みそに汗をかき、ヘトヘトな状態です。
用事がある人もいるでしょう。様々な事情から、帰り道を急ぐ必要のある人は少なくないはずです。

このような状況の中、帰り際に教室の出入り口に立ち止り、教室にいるみんなに向かい、背筋を伸ばし笑顔で帰りの挨拶をし一礼をするクラスメートがいます。

それも、若い人と熟年の人の複数名です。

毎日、とても自然に一礼をして帰っていきます。
普段からそのようにあいさつすることが身に沁みついてると、よく伝わってきます。

その姿を見るのは、やはりとても気持ちの良いものです。

それどころか「私もあのような人になりたい。」と、憧れます。



マネできています

自分が「こうありたい」という姿を毎日目にすると、マネをすることが容易になります。

映像でその姿や印象を覚えられるので、そして毎日思い出させてくれるので、自分の中でその姿を再現しやすくなるのでしょうね。

勇気を出して、さっそくマネしてみました。
そうしましたら、教室の出入り口に立ち一礼をした瞬間に、心が喜ぶのがわかりました!

心が弾む嬉しさとは少し違い、心の中に輝かしい光がさすような感覚です。

「礼儀正しいことが大切というのは、こういうことだったのね。感謝の気持ちを表すとは、こういう感覚でもあったのね。」
と、初めて体験する感覚と新たな学びを得られた喜びと共に、とても清々しい気持ちになれました。


私の欠点を改善するお手本になってくれているクラスメートに、大大大感謝です。
出会えてよかったです。本当にありがとう♡



今日の「あ、そっか!」
  • 相手のことを思う・感謝の気持ちを表すとは、自分の時間を相手のために使うことだと改めて発見しました
  • それはほんの数秒でも十分で、大切なのは行動することなのですよね
  • 明日からも、このような行動ができる人になることを心がけます


関連記事
簿記の学校に通い始めました。



********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



スポンサーサイト

カテゴリ:今を楽しもう♪な日記
テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

半沢直樹と簿記の勉強と
3級簿記の範囲は終了

簿記の学校に通い始めたのが今年の8月19日。ふと気が付けば、一か月が経とうとしています。
簿記の学校に通い始めました。

学校では3級の範囲が終了しました。

現在の印象は、「やばい、私、簿記が大好きかも・・・。」というところです。

新しい発見にゃぁ~

どのような点が好きかと言いますと、、、
ある一つの事実に対して、二つの認識をするところです。

よくある世間の事例は、
コップに水が半分入っていたら
「もう半分もなくなってしまった。」と思う人と、
「まだ半分もある。」と思う人がいる。
ですよね。

簿記では
商店が売り物の商品を仕入れたという一つの事実に対して、
「仕入れに支払ったお金が出ていった。」という認識と
「商品(=後で売れたらお金になるもの)が入ってきた。」という認識が、
必ず対であります。

このような考え方が私生活でも常にできていたら、感情的になった時でも時間の経過とともに冷静を取り戻したときに、自分が感情的になった物事に対しても他の視点から静観できるのでしょうね。

もしこれができたら、学びが多く豊かな人生を築けそうですね!



ところでTV番組の半沢直樹

現在放映中のTV番組「半沢直樹」、大人気ですね。

組織勤めの経験が長い私は、例にもれず大好きです。
放送前の宣伝を偶然に見かけた時点で心に響き、第一回目から録画しています。


余談ですが、東洋医学の観点では、激しい怒りは肝臓を傷めます。
感情と内臓の健康

怒りが原動力になっているときは、肝臓へのいたわりも忘れないようにするといいかもしれませんね。


話を元に戻し、
半沢直樹の第1回目の放送日は2013/7/7。
私が簿記の勉強を始めたのが、2013/8/19。

先日、改めて第一回目の放送から見てみました。

すると、仕事のやり取りの言葉など、細かいところの意味まで以前より理解でき、ちょっと嬉しくなってしまいました♪

簿記を知らないと番組の面白さが減少してしまうということは全くないです。
でも、ちょっと以前より理解が深まった自分に喜びを感じちゃったりしています。

勉強の効果を意外なところで感じることができ、顔がニマニマしちゃいます。



受験予定の簿記検定日まで、あと63日。
これからは2級のお勉強に入ります。
ちょっとブログの更新がおろそかになりそうですが、元気に頑張ります!

秋ららら~♪

9月中旬にもかかわらず最高気温が30℃だったりしていますが、一週間後には一気に秋めいてきそうですね。
皆様が体調を崩すことのないよう願っております。


関連記事
簿記の学校に通い始めました。
感情と内臓の健康




********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



カテゴリ:自己啓発
テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

夫が作ってくれたそうめん
夫が作ってくれたそうめんとすまし汁です。

みょうがの切り方が大きいところが、ダイナミックよね♪

過ぎゆく夏を惜しみつつ、感謝。

本当に、いつもありがたいです♡



********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



カテゴリ:今を楽しもう♪な日記
テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。