| Home | 全記事タイトル一覧 | 自己紹介 |

TOP2014年02月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



カテゴリ:スポンサー広告

昼食

先日の昼食です。

おいしいよ♪

お味噌汁から左回り(時計回り)に
  • お味噌汁(えのき+油揚げ)
  • 玄米+ごましお+梅干し
  • ひじき
  • レンコン炒め
  • 小豆かぼちゃ
  • ほうじ茶
  • 納豆+おくら+めかぶ+長ネギ

ふと思い立ち携帯で撮影したので、ボケボケです。

家族平均年齢が還暦の我が家は、こんな健康食です。

義母・夫・私の三人家族全員が、何を食べたかで翌日の体調が大きく変わってくるのです。

自分のお料理と家族や自分の体調の変化を結びつけながら、毎日キッチンに立っています。

楽しいです♪

やっぱり家族の笑顔は幸せの素ですね♡


********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



スポンサーサイト

カテゴリ:
テーマ:ごはん日記(写真付き) - ジャンル:日記

ユルユル就活 その2

ユルユル就活 その1 の続きです。


昨年のお試し短期社会復帰

うつ病発症から三年が経過し、体力も回復してきました。

そこで、社会復帰を目指すべく、自分の体力を試すことを前提に、昨年の6月頃から短期のお仕事にチャレンジしてみました。


<日雇いアルバイト>

まずは日雇いのアルバイトです。生まれて初めて日雇いを経験しました。

某保険会社の大量の書類を発送する準備のお仕事です。

大きな大きな倉庫で、朝の9時~夕方の17時半までのお仕事でした。

立ちっぱなしのお仕事ですが、1時間ごとの5分の休憩があるので助かりました。

日雇いのことは詳しくわかりませんが、これは好条件だそうです。

一緒に働いた方々は、どなたも真面目で器用で、手際良く効率良く働いていました。

初日はヘトヘトでしたが、この日雇いを、間にお休みの日をいれながら約5日間しました。


<3週間のパート事務>

日雇いで少しの自信と安心感を覚えたので、次は1ヶ月の事務のお仕事を探しました。

一定の期間、電話応対やPC操作の仕事をするとうつ病の症状が出てしまうのではないかという不安が残っていたので、ネットで事務の単純作業のお仕事を探しました。

3週間の10:00~16:00、という官公庁のお仕事を見つけました。
PCは使用せずに、座りながらのコツコツ作業とのことです。

これも休むことなく、遅刻することなく、無事に勤めることができました。

一緒に働いていた人に
「ねねっ、元々、大手企業とかでバリバリ働いていたでしょ。そういうオーラが出ちゃっているよ。私の友達に秘書でそっくりな人がいるの。」
と言われました。

そのとおりだったので
「うん。もうずいぶん前だけどね~。」
なんて答えたら、相手は納得していました。

環境の力って、すごいですね。


<1ヶ月の派遣事務>

さて、一定の期間外出する自信が付いた私は、以前から考えていた「職業訓練校の通学」を実行しようと決心をしました。

ハローワークへ何度か通い、手続きをし、簿記の職業訓練校に4か月間の通学をすることにしました。

ところで、学校のスタートまでには1ヶ月と少しあります。

そこで、派遣で1ヶ月間の事務職はないかと探してみました。

既に登録済みの派遣会社の他に、新しい派遣会社にも登録してみました。

探してみるものですね~。新規登録した派遣会社で、ドンピシャの好条件でのお仕事が見つかりました!

学校が始まるのが月曜日だったのですけれど、
・勤務日が即日~学校が始まる前の週の金曜日まで
・就業時間が10:00~16:00で
・通勤時間が40分

しかも経理部でのお仕事で、エクセルを使用します。

そろそろPCを使用してお仕事をしてみたかったし、これから簿記を勉強しようとしている私には、仕事内容も、日数も、就業時間も、通勤時間も、全てが希望どおりでした。

こちらも皆勤賞で勤務できました。

勤務先の方に私の上級のエクセル技術にご満足いただけましたし、私も心配していたPC作業の疲れの体への影響が予想よりも軽かったことを体感できたりで、嬉しい1ヶ月間でした。


<4ヶ月の通学>

そして、職業訓練校で簿記の勉強を始めました。

月~金、9:40~16:20 でした。

簿記の勉強は予想よりもはるかに難しかったです。
ですが、クラスメートが約13名いたので、頑張れました!

3ヶ月目までは皆勤賞だったのですが、4ヶ月目は就活と簿記検定の勉強が重なった疲れからか、2日間お休みをしてしまいました。

通学し、夜遅くまで勉強し、簿記の検定も受験し、ハローワークに通ったり履歴書や職務経歴書の準備をしたりと就活も同時進行していましたので、2日間のみの欠席で修学したので、よく頑張ったと思います。

クラスメートの誰一人として、私が数ヶ月前までうつ病で寝ていたなんて想像もしなかったことでしょう。
(*≧m≦*)



だから今度もお試し短期お仕事からスタート

長々と、昨年の私の社会復帰活動を書いてきました。

なぜと申しますと、また同じ作戦で自信をつけようと思いました。

上記の 昨年のお試し短期社会復帰 の活動中は、介護も家事もほとんど夫に丸投げ状態でした。

うつ病発症後に初めて、一定期間、規則正しく外出を続けるということに必死で、家の中のことはほとんどできていませんでした。

今回は、介護と家事を最優先にしてのお仕事探しです。

昨年のうつ病後お試し求職とは、お仕事探しの条件が全く異なります。

今回は、就業時間が4~5時間 という条件を最優先にしています。

何時に帰宅すれば介護も家事も問題なくこなせるか、やってみないとわかりません。

これが最大の不安要因です。

そして介護と家事と仕事のサイクルがうまく回り始めたとして、私の体力に無理がかからないか・・・。

こちらも、日々の体力作りに工夫を重ねる必要があります。

これらをすべて踏まえ、終業時間を15時でお仕事を探せばよいのか、14時で探せばよいのか、いっそ午前中のみにするとか・・・

あれこれ考えを巡らせてみますが、やはりわかりません。

でしたら、15時や14時に終わる短期のお仕事をしてみればよいのですよね。

試してみて、家族に迷惑がかかるようだったら、自分の体力がもたなそうだったら、もっと早い時間に終わるお仕事を探せばよいのですよね。

な~んでこんな簡単なこと、思いつかなかったんだろう。。。



今日の「あ、そっか!」
  • がんばっているときって、考え方が凝り固まっているとき…それは私(*≧m≦*)


関連記事
ユルユル就活 その1


********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



カテゴリ:未設定
テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

ユルユル就活 その1

現在、ゆっくりとお仕事を探しています。



採用を断りました

昨年から就活をしており、昨年の11月には目指していた会計事務所で採用が決まりました。

時間や場所の条件も、要介護5の義母の在宅介護と主婦を兼ねながら、夫の協力を得ながらできそうでした。

40代半ばのおばさんが、未経験の業界でも頑張ればなんとかなるんだな~と自信がつきました。

雇用主の方もとても良い方で、主婦が働くことにとても理解が深い方でした。
その事務所では、50代の主婦が子育てをしながら税理士を目指しているパートの方もいました。

面接に一時間も使い、私の話をじっくり聞いてくれました。

私も、良い事務所と出会えたと思い、嬉しい気持ちで面接を終えました。



気持ちが定まっていなかった

いざ、採用のご連絡をいただいたら、むくむくと不安が湧き始めたのです。

毎日三食の食事を手作りできっちり用意し、おねしょなどからの衛生を保ち、実際にはどの程度お仕事に時間を使えるのか・・・。

それにもっと心配なのは、私の体力でした。
本当に介護と主婦業をしながらやっていけるのか、不安でした。

うつ病がきっかけで前職を退職してから、三年が経ちました。

弱っていた体力面もずいぶん回復しましたが、忘れた頃にふと、ガクンッと電池が切れたように動けなくなります。

何年も何年も働きたいのですが、これでは家庭にも職場にも迷惑をかけてしまいます。

うつ病を発症したとき、「這ってでも仕事に行く」の「這ってでも」さえできないほど、ボロボロになった自分を思い出します。

24時間、来る日も来る日も起き上がることさえできず、家族にも会社の人にも多大な迷惑をかけました。信用も無くしました。

もう二度とこれを繰り返したくありません。

そんなこんなで、採用を断ってしまいました。

お断りの電話をした時に理由もお伝えしたのですが、雇用主の方は「それでも良いので考え直せませんか?」とおっしゃってくれました。

そんな優しささえも押し切って、断ってしまいました。

今思えば、覚悟が中途半端だったのです。

そして、思い切って雇用主のお言葉に甘えてしまえばよかったのかもしれません。
「ご家庭の事情での急なお休みも問題ない。」とさえ言ってもらえていたのです。

それでも、正直なところ、採用をお断りしホッとしました。



********参加中のブログランキングです********
人気ブログランキング/シンプルライフ へ にほんブログ村/健康 へ
クリックしていただけましたら嬉しいです。お手数をおかけいたします。
**(クリックするとランキングの投票になります。1日1回有効です。)**



カテゴリ:未設定
テーマ:日記 - ジャンル:心と身体
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。